抗うつ剤をやめるときに注意すべきこと!

うつ病に苦しむ人の中には何年間も抗うつ剤を服用する人もいます。抗うつ剤を服用している人、特に長期にわたって服用している人が急に薬を止めるとうつ病に逆戻りするパターンがよく見受けられるそうです。南オーストラリア保健医療研究所の上級研究員であるMichael Musker氏が注意を呼び掛けています。

 

抗うつ剤には体重増加・疲労・性機能障害・不眠といった副作用があります。薬の服用をやめたいと考える人も多いはずですが、実際に抗うつ剤をやめた人の20%が抗うつ薬中断症候群に苦しんでいることが分かっています。抗うつ薬中断症候群は頭痛・体の痛み・発汗といったインフルエンザのような症状のほか、睡眠障害、いらつき、吐き気や嘔吐、混乱、不安、興奮、バランスの喪失といった症状を呈するものです。

 

主治医の下であればこのような症状は一週間程度で治まることもありますが、場合によっては症状が深刻化してうつ病に逆戻りすることもあるそうです。このため抗うつ剤の中止はかかりつけの医者とともに計画的に行う必要があります。特にパロキセチンやベンラファキシンといった抗うつ剤は禁断症状が伴う薬もあるので、注意が必要とのことです。

短期間で抗うつ剤を断とうとするとうつ病を再発させる可能性があるため、アメリカ精神医学会はうつ病の症状が消えた後でも、再発防止のため数週間は抗うつ剤を飲み続けることを示唆しています。一般的に抗うつ剤を止めるプロセスは4週間かけて行われ、医師と患者との合意に基づき、患者の気分の変化を観察しつつ徐々に薬が減らされます。また、過去の調査から認知行動療法(CBT)といった方法での介入も効果を発揮すると示されているということです。CBTは抗うつ剤を止める段階で、一時間程度のセッションを16週かけて行うものです。

薬を減らす段階で禁断症状などに苦しむことになれば、低用量の薬物治療に戻り、いったん薬を断つということを忘れたほうがいいかもしれません。また減薬を行っている間はうつ病に良い影響を与えるといわれている、運動量の増加、睡眠習慣の見直し、炭水化物の少ない食生活、社会的活動や趣味に集中することなどを心がけるとよいそうです。減薬を行っている最中はMood Chartと呼ばれるものを活用するのがいいといわれています。これは検索するといろいろ出てきます。最近はスマホのアプリなんかでもあるみたいです。簡単な使い方ですが、毎日大体同じ時間に気分をプロットするのと、睡眠、運動、重大な出来事を記録していきます。アルコールを飲んだ時もいつどこで摂取したかを記録します。薬も変えたときには記録してとにかく行動の変化を記録していくという方法です。そして、異常があった日の近傍で何をしたかというのをあぶりだすという方法です。そうすると自分が合わない行動というのが分かってきて、過ごし方を見直すことができるという画期的なものになります。

 

なんとなく調子悪いな~と思われている方はうつ病じゃなくてもMood Chartを検討してみてはいかがでしょうか。うつ病の早期発見にもつながる可能性があります。ぜひ試してみてください。

抗うつ剤をやめるときに注意すべきこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る