話題の10歳Youtuberの主張

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わないという選択肢を自ら選んでYoutubeに動画を投稿する中村ゆたかさん(10)。「少年革命家 ゆたぼん」と称して動画を投稿しYoutuberを名乗って活動しています。大阪生まれ、沖縄宜野湾市在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信しています。

 

 

ゆたぼんは小学校3年生のときに学校に通わなくなったといいます。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間に強制的にやらされることに不満を抱いて、担任の先生の言うことを聴く同級生もロボットに見えて「俺までロボットになってしまう」と、学校を通わないことを決意したそうです。現在も学校は行きたいときに行くというスタイルを貫いているようです。

正直、小学3年生で勉強に躓いていたら人生相当辛いと思いますけどね。ロボットになるというのは否定しませんが、最低限義務教育の間で学ぶべき内容というのはどんな社会に行っても必要な内容ばかりです。一種の社会性を勉強すべき期間でもありますし、この時期を逃したら二度と学ぶことができないと思いますのでちょっと彼の考え方に納得はできません。もっというと親はいったいどんなのだろうと思いますね。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツを彷彿させるかの内容だそうです。人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。色んな人に会うことも勉強だ」と主張しているようです。

ブルーハーツ時代の父親ということでそれはそれはとても情熱的な方だろうと思いまして、ゆたぼんの父親について調べてみました。中村幸也さん(39)大阪府茨木市生まれ。中卒。元暴走族。現在は心理カウンセラー。あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。中学時代は盗んだバイクでグランドを走り回りタバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。後に20回以上の転職を繰り返す。暴走族の副総長になる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・

 

これ過去が酷すぎるでしょ・・逆にこういう親じゃないと子供にYoutuberなんてさせる訳がないか・・

因みにYoutubeは13歳未満は禁止というか親の許可が最低でも必要です。許可するのはどうかなと・・

 

高須委員長もコメントを残しています。

 「試験もなんにもないお化けの世界で遊んでいると常識知らずになります。学校に行く発展途上国の子供にバカにされます。成人したら困窮します。」

まさに、先生のおっしゃる通りではないかと思いますね。常識を覚えるのに適齢期というのがありますからね。いい歳になってから常識を勉強するのはとても恥ずかしいことだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です