NGT48山口真帆暴行事件の現状

20191月 山口真帆の暴行事件が発覚

201918日、山口真帆さんが201812月に自宅前で男性2人から暴行されていたことを動画で告発し問題が発覚しました。

事件日時は2018128日午後9時頃の犯行で、場所は山口真帆さんの自宅でこれはNGT48がフロアを借り上げている新潟市内のマンションです。加害者は9日無職の大学生(ともに25歳で2人は同居していた)とのことです。この事件は不起訴処分として取り扱われました。ただし、新潟地検は不起訴の理由を明らかにしておりません。

 

事件状況としては、加害者の2人が山口真帆さんの自宅に押しかけて、顔を掴むなどの暴行を加えました。加害者は山口真帆さんに好意があり話をしたかったと供述していて、暴行容疑を否認しているそうです。

山口真帆さんは動画の中でNGT支配人の名前を出し、「クリーンなNGTにするって言って、悪い子としたやつを解雇するって言ってたのに何も対処してくれない!」と批判していました。さらにツイッターで「あるメンバーに公園の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家にいけと犯人をそそのかしていました」とNGT48メンバーの関与を示唆していました。

2019110日 山口真帆が騒動について謝罪

NGT48劇場内の公園で涙ながらに何度も騒動を謝罪しました。これについてはツイッターなどで賛否が多数ありました。5chでは荒らしが多数板を荒らすなどの騒動がありました。何か完全に怪しい場面が垣間見られました。

 

そして、山口真帆が謝罪させられたというツイートを発信しています。

運営側は山口真帆さんの謝罪と同日に事件に関する報告や関係者処分を発表しました。

以下が処分の内容になります。

l  加害者はファン2人の他一名が実行犯ではないものの事件に関与

l  メンバーが男に声をかけられ、山口真帆さんの帰宅時間を推測できるようなことを伝えた

 

l  加害者と事件に関わったとされる3名の男たちはNGT48イベントの出入り禁止

山口真帆さん第三者委員会の発表に真っ向から反論

松村AKS取締役や早川NGT支配人などが会見し、第三者委員会による調査を報告しました。そこではグループ41人いるうちの12名がファンとのつながりを持っていたことが明らかにされました。また、暴行事件とメンバーの関わりを山口さんが訴えていますが、第三者委員会は結局「メンバーの関与はなかった」と結論付けました。

山口真帆さんは事件に関してメンバー3人の名前を列挙し、Aは「帰宅時間を教えた」、Bは「自宅の場所を教えた」、Cは「部屋にいけとそそのかした」としました。事件の2ヶ月前の握手会では山口真帆さんは事件を起こした男2人のうちの1人から「Cがお前の家に行けってめっちゃ言ってくるんだけど」などと言われたといいます。

昨年12月、実際にこの男ともうひとりの男が山口真帆さんの家に現れて、暴行を受け山口さんが警察に電話しようとしたところ、男が阻止して「メンバーに提案されてやったことだから」と話してABCの名前を上げたといいます。この件に関与しているメンバーを聞き出すために事件を起こした男らと公園に移動してその後話し合ったということでした。

委員会は最終的に「メンバーが関与した事実は認められなかった」と結論づけました。関与を示す証拠を確認できなかったと委員会は言及しております。

 

取締役が繋がっているメンバーを全員解雇すると言っていたのに・・と山口真帆さんは約束を破られたことをツイッターにて公表しました。

2019411日 山口真帆がNGT48卒業

卒業発表時にはその理由についても触れています。

「事件のことを発信したときに社長には『不起訴になった=事件じゃないということだ』そして、『今は、会社を攻撃する加害者だ』とも言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であって欲しかっただけで、何をしても不問なこのグループに私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。目をそらしてはいけない問題に対して『そらさないなら辞めろ、新生NGT48を始められない』というのがこのグループの答えでした」と言及しております。

山口真帆さんは純粋にアイドルとして頑張りたかったというのとNGTグループの自浄作用を期待したものと思います。しかし、自浄作用なんて毛頭なかったという結果になり、卒業を決意したということになります。つまりNGTグループは歪んだ組織ですよということを公開したわけですね。これはこれで今後アイドル活動を目指す人にとっていいアドバイスをしたものと思います。この組織は悪いことをするやつが得するようにできているということを公表したわけですから。

 

山口真帆さんの事件を巡る相関図

 

実行犯は北川丈と葛西宏明でジョー会なるグループを結成しています。このジョー会には稲岡龍之介もいて、ツイッターにも頻繁に登場する仲間であることがわかります。暴行犯の実名は週刊文春が掲載しており、今村元支配人が事件直後にNGT48メンバーに送ったメールの中に彼ら(北川丈と葛西宏明)の名前が掲載されています。

稲岡龍之介が北川丈らに山口真帆さんの住所提供疑惑が浮上

「推しメンの住所を調べるため、TUTAYA・ゲオで働く」「〇〇の住所を教えて、かわりに〇〇の情報を教える」「住所と電話番号売りますよ」という内容のツイートが公開されています。住所売買していた疑惑のある稲岡龍之介がNGTメンバーのものも把握し、今回の暴行事件に関与していたという見方は多く寄せられています。

 

稲岡龍之介がNGT運営や荻野由佳と繋がりを匂わせる内容

稲岡がNG運営とつながりがあるかのようなツイート、今村元支配人から「犯罪しててもあいつら可愛んだよ」と彼らをかばうような発信があったり、もともと稲岡はNGT出禁を食らっていたそうですが、今村支配人になってからそれが解除されたと言われているようです。

稲岡は荻野由佳が推しメンということもあってツイッターで「荻野にはかなり楽しませてもらったけど荻野居てこれなら誇りの丘はもういいかな。一回のセックスより一回のレスだと思ってたけどセックスのほうが気持ちいいわw誰かは伏せますが歌下手くそなのに無駄に大声で歌う人いて全体的に曲が乱れて耳が不愉快です」と発信しています。

 

週刊文春のアイドル盗撮担当疑惑も浮上

AKB48田野優花さんが20182月に文春砲で二股交際が報じられました。その後3月に卒業発表しており、稲岡は「田野を文春に売った」などとツイートしています。

 

稲岡はファンの間でも有名な厄介なオタク

握手券の枚数が半端ないとかライブは最前列だとか、当選率も高いとかあと気になるのは彼が目をつけたメンバーは自然と彼に服従を誓うという気になる噂が飛び交います。

 

稲岡は山口真帆卒業後、歓喜のツイートを発信

山口真帆卒業に「平和なNGTになったね!やったね!」とツイートしました。

 

ソースが大方Twitterということで情報の信憑性が欠けるのでなんとも言えませんが、全部本当だったら犯罪です。それで逮捕されないのであれば何らかの忖度が働いていると見ておかしくないでしょう。

 

やはり、アイドルと一般人はある程度の距離を保つことが必要だと思います。近すぎると碌なことにならないということがわかります。今回の事件みたいに節度のない人間が絡むと純粋なファンもひくでしょう。稲岡という男はそんなに影響力が高い人間なのでしょうか・・ちょっとにわかには信じがたいですね。こういう人間こそ処罰されるべきです。

NGT48山口真帆暴行事件の現状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る