ファラオも飲んでいた?古代のビールを当時の酵母で再現してみた

概要

イスラエルの研究チームは古代のツボから抽出されたイースト菌(酵母)使ってビールに似たアルコール飲料を製造したと発表したようです。古代のエジプトの王様(ファラオ)もこれに近いビールを堪能していた可能性があるということを明らかにしました。

 

ピラミッドを作っていたのは奴隷とされてきましたが、そうでもなく結構良い待遇が得られていたということが分かっております。対価としてビールも提供されていたということを裏付けるような発見もありました。この頃からビールは存在しているということは分かってきておりました。この研究者らはそのビールを再現してみたということになります。

醸造されたお酒

報道陣に公開したのは小麦を原料としたエール(ビールの一種)の風味に似たアルコール度数6%の「ビール」とアルコール度数14%の蜂蜜酒です。

エルサレムのパブで会見を行ったイスラエル考古学庁(IAA)およびバルイラン大学(Bar-Ilan University)、エルサレム・ヘブライ大学(Hebrew University of Jerusalem)、テルアビブ大学(Tel Aviv University)の研究者らの発表です。IAAのイツハク・パズ氏は「研究者らはこれまで、古代の製法を使用しても原料は現代のものを使っておりました。ただ今回は古代のビールを造るのに実際にその時代の原料を使っています。これははじめてのことです。」と述べました。

 

古代のイーストへのこだわり

研究チームはイスラエル中部にあるペリシテ人の遺跡や古代エジプトとの関係が深いネゲブ砂漠他、テルアビブ、エルサレムなどの複数の発掘現場から見つかったツボの残留物を用いて、6年かけてイースト菌の抽出に成功しました。イーストのゲノムを解読し、液体培地で培養したあと、ビールや蜂蜜酒の醸造に使用しました。

研究に参加したエルサレム・ヘブライ大学の微生物学者、ローネン・ハザン氏はイースト菌の中にはジンバブエの伝統的なビールやエチオピアの蜂蜜酒に使用されているとの類似のものであると言及しています。研究では数種類のビールが造られましたが、会見で試飲用に提供されたビールは約3000年前のイーストを使って醸造されたもので、イーストの中には5000年前にさかのぼるものもあるようです。

 

商品化されるか?

今回のビールの製法は現代の醸造方法を使用しています。しかし、将来的には古代の製法で醸造して商品にして販売したいと研究チームは考えているそうです。

パズ氏「味は最高だった。ビールはたくさん飲んでいるから、味の判断はできる」と胸を張ったということです。

 

 

今回の発見は昔のものを復元しイーストのような微生物を培養する方法を考えついたというものがオリジナリティになります。味に自信があるのだとするとどうですかねミシュランガイドの評価員に星がいくつ着くのかを評価してもらいたいな~と個人的には思ったりしています。本当にビール好きな人がどういう評価をするのか気になりますね。古代ビールの商品化はちょっと期待ですね。観光客も多く訪れることになるのではないでしょうか。古代エジプト時代のビールと聞くとそれだけでプレミアム感がありますね。3000年もののビールみたいな(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です