5G関連銘柄2020年に向けて気になる銘柄は?

Gとは?

2020年に本格的なサービスが始まろうとしている新たな通信システム5Gは私達の暮らしやビジネスを大きく変える可能性があります。株式市場でも強力な投資テーマとして注目を集めています。5G時代の本格的な到来に先立って関連情報についてまとめてみました。

 

Gについて

Gとは第5世代移動通信システム(5th Generation)の略称です。現在、スマートフォンなどで利用しているのが4Gの次世代バージョンが5Gになります。5Gはサクサク快適な超高速なネットワークシステムだけではありません。5Gのコンセプトは「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」という3つが掲げられています。これによってモノと人がインターネットで繋がるIoT時代の実現を可能にすると言われています。

「超高速」

現在の100倍の超高速通信が実現される。2時間の映画を3秒でダウンロード、スポーツ観戦なら3D映像やあらゆる角度から映像を一気に伝送することが可能になります。

「多数同時接続」

基地局1台から同時に接続できる端末を従来に比べて飛躍的に増やせる。スマホやPCだけでなく、家電やセンサーなど身の回りのあらゆる機器がネットに接続可能です。工場の設備や倉庫に保管された多数の物品の管理といった様々な用途への活躍が見込まれます。

「超低遅延」

通信ネットワークにおけるタイムラグを極めて小さく抑えられます。車の自動運転などでは僅かなデータの遅延が命取りになります。5Gシステムを使った通信システムで最も求められる性能です。

 

Gのビジネス規模

G2025年までに世界で11億回線に達し、世界の人口に対するカバー率は34%にまで拡大すると予測されています。普及に伴って様々なビジネスチャンスが広がり、総務省によると日本国内における経済効果は468000億円とも見込まれています。

スマホ・タブレット、遠隔医療、自動運転、農業、ロボット制御、ドローン通信、ゲーム・エンターテイメントなど5GによるIoTを応用することでこれまでにない革新的なサービスが生まれ、未来の私達の暮らしを大きく変えようとしています。5Gを活用した新ビジネスを展開する企業などに投資家の注目が集まっており、主な銘柄について紹介します。

 

 

G関連銘柄

アンリツ<6754

 

通信用計測機器で世界3強の1社です。同社は携帯電話や基地局に強く、5G普及には同社の計測器が切り離せません。

Santec6777

 

光通信部品と測定器が主体のSantec。5G本命銘柄です。北米及び中国の大手通信設備メーカー・テレコム用光モニターが好調だったことから20193月期に業績予想を情報修正しました。

サイバーコム<3852

 

富士ソフトの子会社であるサイバーコムは通信機器関連のソフトウェア開発が主力の会社です。5G移行で通信ソフトの需要も確実に高まることが予想される他、カーナビなどの車載関連機器も手がけていることから株価上昇が期待されています。

ネットワンシステムズ<7518

 

企業や官公省にむけてネットワーク構築を手がけているネットワンシステムズはこの分野では国内最大手です。通信機器世界的大手企業であるシステシステムズやNTTドコモとの取引関係が深いことから注目を集めています。

Jストリーム<4308

 

ネット動画やライブ中継やオンデマンド放送の動画ストリーミング配信事業を手がけているのがJストリームです。5Gが商用化されれば、高速大容量の通信が可能になり、360°カメラによるVR映像のライブ通信など、ビジネスが飛躍的に高まる可能性があります。

最後に

 

Gの本格的導入は2020年とこれからで、国と民間が一体になって実用化に動いていると言えるので、今後の相場中心的テーマであることは間違いでしょうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です