富士通が世界最軽量868gのPC発売

概要

富士通クライアントコンピューティング株式会社は13.3型コンバーチブル2in1LIFEBOOK UH95」を18日より発売します。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は23万前後を見込んでいるということです。

 

製品特徴

ペン内臓の13.32in1として世界最軽量の868gを実現したモバイル2in1ですが、4096筆圧検知機能を搭載したワコムペン(AES)を本体に内蔵しておりまして、内蔵ペンは15秒の充電で90分間動作するというスペックを持っています。

 

更に軽量モデルも発売

同じく世界最軽量モデル(698g)の13.3型クラムシェルノート「UH-X」と同じく、プロフェッショナル向けの超軽量モデルとして発売されていて、軽量化と堅牢性の両方を重視しまして、耐落下性や耐加圧性、耐振動の他、ヒンジやペン、タブレット時のキーボード評価などを実施しました。インターフェイスもUH-Xを継承し、Gigabit EthernetHDMISDカードスロットなどを備えており、タブレットモードのときにはホワイトボードを撮影するといった利用も可能になっています。

 

主な仕様

13.3型タッチ/ペン対応フルHD1920×1080ドット)液晶ディスプレイ、Core i7-8565U(4コア/8スレッド)LPDDR3-2133メモリ8GB、約512GB NVMe SSDOSWindows 10 Homeを搭載しています。

インターフェイスは、USB3.1 Type-CUSB 3.0×3(1Type-C)IEEE802.11ac対応無線LANBluetooth 5.0Gigabit Ethernet、前面約207/背面約500万画素Webカメラ(Windows Hello対応)、HDMI出力、SDカードリーダー、音声入出力などが搭載されています。

バッテリーは25Whリチウムイオンで、駆動時間(JEITA2.0)は約11.5時間です。本体サイズは309214.816.9mm(幅x奥行きx高さ)。Web直販モデルでは、16GBメモリや1TB SSDのほか、本体色にガーネットレッドを選択することができます。

 

価格帯の紹介

13.3型の世界最軽量698gのクラムシェルノート「UH-X/D2」は、Core i7-8565U8GBメモリ、512GB NVMe SSDを搭載し、発売予定であり、税別店頭予想価格は25万円弱と推定されています。

同じ13.3型の長時間駆動モデル「UH90/D2」も、Core i7-8565Uと8GBメモリ、512GB NVMe SSD搭載し発売予定で、税別店頭予想価格は22万円弱と推定されています。

同じ13.3型のCore i5-8265U(4コア/1.6GH)256GB NVMe SSD搭載の「UH75/D2」は18日発売することになっていて、税別店頭予想価格は20万円弱と推定されています。

 

Web直販限定ミニタワーデスクトップも発売

Web直販限定でミニタワーデスクトップPCESPRIMO WD-G/D2」も発売予定です。従来のCore i7-8700GeForce RTX 2080搭載という構成から、Core i7-9700(8コア)/i5-9500(6コア)や、GeForce RTX 2060Optaneメモリや1TB NVMe SSDなどの選択が可能になりました。

独自の仕様としてA4用紙並みの180x304mmというコンパクトなフットプリント(幅x奥行き)や、コネクタ破損を考慮した背面設計、付属キーボードの左右Ctrlキー同時押しによる電源オン機能なども備えているようです。

 

 

本当にノートパソコンって軽量になりましたよね。今回紹介した富士通モデルは最軽量となっています。Coreの冷却システムとかどうなっているのだろうか?という疑問を持ちますね。発売が楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です