社会人PCゲーマーに必要な出張ゲーミングノートPCを紹介してみた

増えるPCゲーマーに向けて

 

ゲームが趣味という大人も珍しくない時代に、社会人ゲーマーを悩ませるのが出張です。一般的なホテルにはゲーム機やゲーミングPCは置かれていないため、出張中はゲームができません。対戦ゲームに3日触れていないと勘を取り戻すのに1週間もかかる現代のゲーム環境において死活問題です。また、なかには連続ログイン何日で豪華アイテムをプレゼントという企画なんかもあるので、1日ゲームができないということが大きな痛手となります。

ハイスペックノートPCの必要性

今どきのホテルは基本的にインターネット回線があります。ゲーム機であれば大きめなカバンに詰め込めば入りますが、ノートPCが必要になります。普段デスクトップPCでゲームをしている人にとっては年に数回のために高価なハイスペックノートPcを買うのは辛いですし、あまり大きな荷物を増やしたくもないところでしょう。

そこで、求められるのはそこそこのお値段でそれなりにゲームを動かせて、あまりかさばらないノートPCでしょう。さらに仕事に持ち込んで使えるような外見だとなお良い。出張の頻度や遊んでいるゲームによってもノートPcの需要度は変わりますが、多くの社会人PCゲーマーにはそのような願望があることと思います。

 

おすすめのゲーミングノートPC

 

そんなあなたに、おすすめするPCIdeaPad L340ゲーミングエディションです。

実はMicrosoft Officeの有無は選択できます。上記のスペックはこのモデルの最上位モデルです。CPUグレードやGPU、メモリのスペックを落とすことで店頭予想価格は¥114,800まで低下します。外見は以下の画像のとおりです。

本体カラーはブラックのみです。天板はヘアライン加工されていて、控えめな光沢があります。青字のLenovoロゴが端に1つあるだけでかなり落ち着いているデザインです。これをみてゲーミングPCだと思う人はいないでしょう。さらに本体サイズが15.6型にしてはコンパクトなつくりになっているというところもポイントです。これは液晶が狭額縁だからです。厚みが24mm近くあり、重さが2kgを超えるのでモバイルPCほど軽くはないのは事実ですが、普段遣いのビジネスPCとして無理のない大きさです。キーボードは文字などが水色で書かれているものの、さほど主張が強い色合いでもないので特別感は出ません。

液晶パネルは視野角にやや難があります。特に上下方向の色相反転が出やすく、画面を近くで見ると色むらを感じやすいです。非光沢パネルは一般的に応答速度が早いのでゲームには適していると思われます。

 

ベンチマークの確認

 

ゲームに関わる性能面を観るためにベンチマークテストを実施しました。今回はCrystalDiskMark 6.0.2の結果を中心に紹介します。

リードで1GB/sが出ているということで、HDD単体をはるかに超える優秀なスコアが出ていることがわかります。実際にOSの起動時間は早いようです。

ざっくり・・

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークの結果:フルHDでも「普通」のスコアが出ています。

World of Tanks encore, ファンタシースターオンライン2など・・:快適なスコアが出ています。

最新のゲームを高画質で見ようとしない限りにおいては十分な性能を持っています。ただ4Kの外部ディスプレイに接続してゲームをプレイするのは厳しいです。

 

ゲーミングPC視点での使用感レビュー

騒音・排熱についてはアイドル時はほぼ無音で駆動します。ビジネスワークで騒音や排熱に困らされることはなさそうです。ゲーム時は高回転でファンが回る高い音がします。ただ音量はそれほど大きくないため、ゲームの音を出してしまえば許せる程度でした。排熱はディスプレイのつなぎ目部分からディスプレイに沿って排気されるという流れになっています。そのためディスプレイ下部はかなり熱くなるようです。普通は触れる場所ではないので問題はなさそうという見解です。しかし、キーボードの中段から下段にかけて熱が伝わってくるので長時間のプレイで気になる人はいるのではないかと考えられます。

サウンドに関しては低音は弱いものの高温は耳障りにならない程度に出力されるようです。音に拘りを持たなければヘッドフォンなしでもプレイできそうです。

 

総評

 

ビジネスユースとしての利用を含めると、液晶と排熱処理に弱点があるため、普段使いのメインPCとしては向きません。ゲーミングPCをこれ1台で済ませたい人にもおすすめできません。ただ、2台目のPCとして使うことを前提にする場合はおすすめできます。自宅やオフィスにメインとなるPCがあるとして、外出先や出張先だけで使うのであれば、液晶や発熱の問題は妥協できます。ゲーミングマシンとしてもサブ機としてであれば問題なく利用できます。価格も最新のCPUGPUを搭載した安価なモデルです。出張用にPCが必要であるという時にはこのPCはおすすめです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です