蚊にさされやすい人の科学的特徴とは

蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいる原理

 

同じ場所で活動していても蚊に刺される人と刺されない人がいます。蚊は一体どういう原理で標的を選んでいるのでしょうか。「どうして自分ばかり・・」となる前に、蚊の好みに関する科学的研究を紹介します。

蚊が人に寄りつく原理

 

彼らがターゲットを認識できるのは、生き物の吐き出す二酸化炭素に反応しているからです。2007年の蚊に関する研究によると、蚊には二酸化炭素を嗅ぎ分ける器官があることがわかっています。二酸化炭素は普通、肺から出た後もすぐに空気とは混ざり合いません。煙突の煙のように暫くの間は一本の帯のようにして漂っているそうです。そして蚊は通常の大気より高い濃度の二酸化炭素を感知するとその方向を追って風上に向かって飛ぶという特性を持っているそうです。蚊の二酸化炭素を嗅ぎ分けるセンサーはとても高レンジで、最大50m離れた場所からターゲットを狙うことが可能だそうです。

好まれる血液型は?

結論から言うと、血液型は蚊に刺され易さと関係しています。

2004年の研究ではO型の人はA型の倍、蚊に刺されやすかったという実験結果が報告されています。血液型というのは何が異なっているのか?というと、赤血球の表面の糖やタンパク質の違いによるものです。蚊が血を吸う目的は血液そのものにあるわけではなく、血中のタンパク質です。タンパク質の傾向が血液型によって異なっているから刺され易さの差異が発生すると考えてられています。

 

また、蚊がどうやって血液型を判定しているのかというと、血液型は皮膚からの分泌物の組成に影響を与えているそうです。蚊は血を吸う前に皮膚上の化学物質を感じる能力をもっています。血を吸う前から対象の血液型を判断していると考えられています。

皮膚の細菌叢も関係あり

皮膚上の細菌も蚊を惹き付ける要因になっているという研究報告もあります。2011年のオランダの研究者による報告では、皮膚微生物が蚊の刺されやすさに影響していると言及していました。

人の汗などは本来無臭なのですが、細菌の作り出す化学物質と混ざることで臭いを引き起こします。蚊を誘引しているのはこの特定化学物質です。人の皮膚上に築き上げられた細菌コロニーが蚊を惹き付ける人とそうでない人の差を生んでいるということになると考えられています。

皮膚細菌に蚊の誘引効果があることを示した研究は日本の高校生がアマチュア研究者として報告しています。彼は家族の中で最も蚊に刺されやすい妹の靴下に蚊が強い反応を示したことを例に上げています。そして、妹の足は無臭だが、足の臭い父親よりも蚊が惹きつけられていたことから原因が皮膚上に潜む細菌の種類なのではないかと考察されています。実際に妹の足をアルコール消毒などして細菌を減らしたところ、蚊に刺される頻度が大きく減ったということがわかったそうです。

 

これについては先にオランダの研究でも指摘されており、同じ家族であっても皮膚の細菌コロニーには違いが生まれるため、たとえ父と娘の間であっても生成される化学物質が異なるため蚊の刺され易さに差異が生じるというものです。

蚊に刺されない対策はあるの?

血液型や皮膚の細菌叢を変更することは不可能です。皮膚細菌は消毒や洗浄で落とすことは可能ですが、皮膚の常在菌へダメージを与えるような対策を安易に多用するのはそれもそれで危険が伴います。

 

蚊の多くの研究者が推奨している対策方法は服の色に気をつけることです。蚊はかなり視力が良いことが知られており、黒い色を好む傾向があることがわかっています。そのため明るい服を選ぶというのは一つの対策になることがわかっています。蚊が寄ってくる原因はわかっているものの対策を打つのが非常に難しいというのが現状としてあります。皆様もこの時期は特にお気をつけて過ごしてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です