2018年モデルのMacBook Airのボードに欠陥が!無償交換で対応中

MacBook Air2018年モデルに欠陥

Apple2018年に発表した2018年モデルの「MacBook Air」で、ロジックボードに欠陥があったことを認めました。ロジックボードというのはCPUI/Oなどコンピューターの処理に関連する部品が集積されたまさにコンピューターの脳みそに当たるコンピューターの根幹部分になります。Apple関連のニュースを報じる9to5Macによると、Apple Storeや認定サービスプロバイダーは対象となるMacBook Airを無償で交換するように通知されているみたいです。

 

無償交換の案内メール

9to5Macが独自に入手した情報によりますと、Apple内部文章の中で「非常に少数」のMacBook Airでメインのロジックボードに欠陥が見つかったと書かれていたそうです。Appleによりますと、無償交換の対象になるのは「2018年モデルの13インチMacBook Air」ということでした。Appleは無償交換の対象となるMacBook Airを持つユーザーに対して、メールで案内を送信する予定だといいます。

 

問題が起こっている部分は「電源」関連

 

Appleの内部文章にはロジックボードの欠陥により「電源」周りの問題が起きているそうですが、具体的な症例は記述されていなかったということらしいです。9to5Macは「2018年モデルのMacBook Airについてインターネット上で検索すると、一部のユーザーが電源が全く入らなくなったと報告している」と指摘しました。実際にTwitter上で検索してみると、「2018年に購入したMacBook Airが突然動作しなくなった」とAppleのサポートに助けを求めているツイートなどを見つけることができました。

Appleの対応

Appleは製品の修理・交換用プログラムとして「Exchange+Repair Extension Programs」を行っており、リコール製品などの無償交換プログラムは左記をインターネットで検索するとそのサイトから確認することができます。記事作成時点ではロジックボードに関する記載はされていません。9to5Macは「Appleは少数端末にのみ影響を及ぼす問題場合はリストに追加しないことがある」と記しています。

なお、ロジックボードに欠陥のある端末を持つユーザーはApple StoreもしくはAppleの正規サービスプロバイダー経由で修理を行うか、配送修理を申し込むことで無償交換が可能ということです。

 

最近AppleMac関連の故障関連の情報が多くなってきました。Exchange+Repair Extension Programsのページを見てみましたが、結構な製品が引っかかっていることがわかります。15インチのMacBook Proのバッテリーのリコールが記事掲載時点でトップに上がっていました。バッテリー問題は下手するとやけどなどの怪我の原因にもなりますから、無視せずに無償交換でしょうから、交換してもらったほうがいいと思います。キーボードやディスプレイライトについても保証しているみたいです。詳しくは記事を見て確認してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です