HIVウイルスは治らない病気から治る病気へ

HIVウイルスのゲノム分析が完了

米テンプル大学医学部の研究チームはHIVに感染し得た動物のゲノムからHIVを除去する治療法を発表しました。

LASER ARTとCRISPR-cas9のコンビネーション

LASER ART

研究チームははじめにLASER ARTという処理を加えたARVを用いて血中に活発に複製しているウイルスの数を減少させました。LASER ARTは従来のARVに微調整を加えて結晶構造を変化させることで脂溶性の粒子を中に閉じ込める技術です。これによりウイルスが隠れて存在しやすい肝臓・リンパ・脾臓などの組織の細胞膜を薬剤が通過できるようになります。こうなれば後は細胞の酵素が薬剤を放出してくれるだけです。しかも、結晶構造のおかげで薬剤が従来よりも遅いスピートで放出されるために出現から複製まで数ヶ月に渡って活動していない間でもウイルスを殺し続けることが可能です。これが数日から数週間しか効き目がない従来のARVとの大きな違いになります。

CRISPR-cas9

次に研究チームはCRISPR-cas9という遺伝子操作を技術を使って血中を循環するHIVに感染した細胞のうちARVが取り逃した細胞からHIV遺伝子を切り取りました。過去にもCRISPR-cas9を用いてHIV遺伝子を切り取ることに成功はしていました。しかし、HIVウイルスは同時にあまりにも多く複製するために単独ではその速度に追いつけませんでした。

そこで今回研究チームはLASER ARTとCRISPR-cas9を組み合わせることができないかという検討を実施しました。結果、見事に目論見が的中しました。

今回の実験では健康なマウスに再移植した免疫細胞を調べたところ、HIVウイルスは全く感染していなかったことも明らかになりました。この新しい方法を施すことでHIVの完全根絶の可能性も示されたことが分かります。

今後の展望

研究チームはすでに人以外の霊長類での試験を開始しているようです。同様の効果が認められれば、人への適用が可能になります。HIV治療の未来は明るいことが分かります。

HIVは一昔前は治らない病気として予防しないといけないと言われていました。しかし、薬が開発されてそこで一つ技術革新がありました。そしてさらにゲノムレベルでの解析が進んでウイルス撲滅できるまで改良が進みました。近年の薬の開発はとっても進んでいて素晴らしいなと思います。上記の現象が霊長類でも同様なことが起こって、そして薬の開発までに至れば令和のうちにウイルスが消えるかもしれませんね。このウイルス自体は1983年に発見されたもので比較的最新のウイルスです。これがこんなにも早く死滅させられるとは・・科学の力は恐ろしいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です