蛍光灯をLEDに替えるときは注意が必要 場合によっては発煙や発火の恐れあり!

蛍光灯をLEDにする際は器具の種類を確認すべし

鹿児島県住む女性(85)が台所の蛍光灯(直管型)がつかなくなったためにこの際に省エネのためにLED証明に替えようと家電量販店に来店しました。ところがお店の人から「蛍光灯を取り付けていた器具の種類を確認して交換しないと発煙や発火が起こることがありますよ」とアドバイスされました。これに驚き、女性は今と同じ蛍光管を購入したそうです。

 

LED証明は政府が新成長戦略で「次世代証明」に位置づけることもあって休息に普及しています。将来を見越して、家電メーカーの多くは今までの蛍光灯器具の販売終了を予定していますが、LEDによって対応する蛍光器具の種類が異なりますので、間違って取り付けてしまうと過剰な電力が蛍光灯に流れることで事故が発生することがあります。

蛍光灯の種類は3種類それぞれにあったものの購入を・・

1:クルーズスターター式

点灯管を使って点灯する方式で古くから家庭用に使われてきた方法です。

2:ラピッドスターター式

多くの照明を早く点灯でき、店舗や電車などの業務用で広く使われています。

3:インバーター式

電子回路で高周波を起こして早く点灯し、家庭用証明の主流となった方式です。

 

現在、家電店ではこうした従来の蛍光灯の器具に取り付けられるLED証明を取り扱っており、1~3全てに対応するものなど価格も含めて様々なものがあります。

こうした情報はなかなか広まることが難しく、特に高齢者ほど置き去りにされるケースが多いです。この情報不足によって取り違えの事故が増すと懸念されています。

 

ベスト電器福岡本店(福岡市・天神)で照明器具を担当する係長は高齢の方から「一体どれをどう選んだら良いのか?」という電話が数件かかってきたといいます。

確認する内容

直管型の蛍光灯器具に取り付けられるLEDには特別な工事をしなくても済むという意味の工事不要などの表示がされています。使っている器具に表示されているデータを調べた上で、お店にどれが適切なのかを相談してほしいと担当者は言います。丸型蛍光灯用のLEDにも付け加える際の手順を詳しく書いた説明書きがあります。

 

あまりにも古い場合は器具ごと交換を

古い家庭で器具に記載されている内容が読み取れない場合はLED用の器具の交換することをおすすめします。誤って対応していないものを取り付けて事故を引き起こすことを考えると交換が最も有効な選択だと言及しています。

 

取り付けサービスも実施

交換に工事が必要な場合は取り付けサービスがありますが、出張費に2500円に器具1台当り500円が加算されるそうです。6-8月はエアコンの取付で立て込むことが多いので、2-3週間お待ちいただく場合もあるということです。

 

光量を変更できるタイプは専用のLED電球を使用すること

光量を変更できる調光機能付きの受け口に取り付けられる電球をLEDに替える場合は専用のものが必要です。LED自体に調光回路が組まれているものもあり、機能が器具と重なるとトラブルにつながるということです。

 

 

蛍光灯がこんなにも種類があるとは知りませんでした。器具の内容を確認の上で、適切なLEDライトの購入しないと火事になりかねないので、注意したいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です