死んだら私達の記憶はどうなるのか

生死と記憶について

私達の「記録」は日々、増減を繰り返しています。誰にでも絶対に忘れたくない記憶や、逆にいくら払ってでも忘れたい記憶もあるだろうと思います。一番美味しかった食べ物の味や推しが最高に可愛かったときなど・・そうした記憶は、私達が「死」を迎えたときにどうなるでしょうか?

記憶のメカニズムについて

人間の脳にはおよそ1000億ものニューロンがあり、その末端にあるシナプス同士の隙間を、タンパク質や化学物質からなる神経伝達物質が行き交っています。記憶が形成されるのはこれら神経伝達物質の中でも「AKT」や「CaMKII」といった特定のタンパク質がシナプスの結びつきと強めたときです。

いわゆる「長期記憶」とはニューロンがその体験を「固定化した結合」へと変化させたことを指します。一度長期記憶となれば、ニューロンがそうした記憶に残った音や味を思い出させてくれます。

ただし、記憶は時を経ることで変化したり、色あせたりすることがあります。研究者たちはこの原因について、脳内において記憶を司る「海馬」が年齢を重ねることで縮小していくことに起因している可能性があると考えています。

心臓と記憶

また、他の臓器と比べて脳は適切に働くために多くのエネルギーを必要とする器官です。そのため、心臓が拍動をやめてしまった場合に、最初に不可逆的なダメージをくらってしまうのが脳です。心臓が拍動を再開しなければ心停止からわずか4-5分で脳は全ての機能をシャットダウンしてしまいます。そして、脳の中でも最初に影響が及ぶのが記憶に大きく関わっている海馬です。例えば心停止から3分呉に運良く復活できたとしても生存者に記憶障害が残ってしまう場合が多いのはこのためだと言われています。海馬がダメージを受けたことで、数年間にわたって記憶が戻らないケースさえあります。また、心停止を経験した患者の多くは「臨死体験」の記憶を持つこともわかっているようです。

心肺機能が停止した後は、臨床的には「死んでいる」とみなされるのであり、そこから蘇れば確かに彼らは「死」にかなり近づいた人たちといえるでしょう。

心肺停止状態と臨死体験

ある研究では、そうした心肺停止状態にあっても「意識」があったと40%の人々が答えており、別の研究では10%の人々がその期間の記憶を持っていたことがわかっています。これは、人が臨床的に死んだ後に、脳が激しく電気活動を行うことが原因であると考えられています。そのため神経学者の多くは臨死体験が心配性のストレスによって生じるものであると考えているそうです。そこで見えるビジョンは死後の記憶ではなく、「生前」の記憶が反映されている可能性が極めて高いようです。

死を迎えたときの記憶

脳が永久に活動停止して私達が本当の「死」を迎えたときにそこに保持される記憶はシンプルに消えてなくなるということになります。それはまるでパソコン上のファイルが消えてなくなるのと同じ出来事のようです。せめて最後の記憶は自分が納得していくものにしたいと考える人が多いでしょう。素敵な記憶も最悪な記憶も永久に消えてしまうので、生きている間いい思い出をたくさん作ることが大切だと言えるでしょう。

予想通りと言えば予想通りですね。脳に血が通わなくなると記憶がなくなっていくということですから、死んだら血だけを循環させることで記憶だけ残すということはできないのか?ということを考えたりしました。スクリーンに移して記憶の断片を観ることなんてできたら楽しいのにと思います。まあ、倫理的にいろいろ問題がありそうですけどもね。人は死ぬと記憶がなくなるということですので、生きているうちにたくさんいい思い出を作っておくことが重要ということでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です