地球温暖化に対抗できる最も強力な対抗策は「植林」だ!

地球温暖化への対抗策としての植林

 

木は成長するに連れて多くの二酸化炭素を吸収するようになるようで、二酸化炭素などの温室効果ガスによって引き起こされる地球温暖化に対して植林が一つの対抗策であると言われています。チューリッヒ工科大学の研究者らは「気候変動に対処する最も強力で安価な方法だ」と主張しています。大学教授のトーマス・クロウサー氏は世界中にある「植林可能なスペースが空いているが、現在木々が植えられていない空き地」について分析しました。その結果、世界中にある全ての空き地は12000億本の木を植えられるスペースがあると算出されたそうです。そしてそのスペース全てに対して植林した場合、「植えられた木は世界中で人為的に排出される二酸化炭素などの炭素」を上回る量の炭素を毎年吸収してくれるという予想を出しました。

算出方法

クロウサー氏らの研究チームはGoogle Earth8万枚にものぼる高画質衛星写真を元に、地球上の陸地から農村や都市部、作物の栽培などに利用された地域を除外して、AIを用いて土壌・地形・気候といった要素を組み合わせて「木々の成長を示すグローバルマップ」を作成しました。17億ヘクタールという土地は全陸地の11%に相当し、アメリカと中国を合わせた面積に相当します。例えば熱帯雨林のように樹木が100%に近い密度で密集している地域もあれば、まばらにしか生えていない森林も多く存在しますので、地球には人々の想像する以上に森林を植える予知が残されているそうです。

 

研究結果

今回の研究結果は森林を回復することが単なる地球温暖化に対抗する手段の一つではなく、圧倒的に有効な最高の手段で有ることをクロウサー氏が言及しております。最もクロウサー氏を驚かせたのは、植林が展開可能な規模であり、既に提案されているどのような地球温暖化対策よりも効果的であるということを見つけたことです。一方で、植林は効果を発揮するまでに数十年以上かかる点についても認識しています。現在行われている対策である化石燃料の使用を減らしたり森林破壊を食い止めるという手段が現在進行系で行われていることを考慮してのしさんであることを注意して置かなければなりません。

 

なぜ最も強力な対策か?

植林が大きな効果を発揮できる理由としては「世界中の誰であっても今すぐ簡単に、政府の意向に関係なくアクションを起こすことができる」ためです。企業が大規模な温室効果ガス排出量の削減に踏み切ったり、科学者が資金提供を受けて地球温暖化を食い止めるための革新的な技術開発を行ったりするには、政府や経済団体の強力が不可欠です。一方で、植林は特に政府の許可を必要とせずに、大規模な資金提供や技術的なブレイクスルーを起こす必要もありません。一般の人々が自身で植林活動に参加したり、植林団体に寄付したりすることで地球温暖化対策ができます。

 

研究結果を受けて

気候変動に対処する団体Global Optimismの創設者であるクリスティアーナ・フィゲレス氏は「今回の研究結果は政府や民間団体にとって重要な青写真になります」と述べています。また、オックスフォード大学の環境学者であるジョセフ・プア氏は「この研究は非常に優れています。気候と生物多様化のために野心的だが本質的なビジョンを提供します」とコメントしました。

 

 

この発表は誰もが驚くものであると思います。民間企業の努力よりも育った木を植えることが効果的だったという結論だからです。個人的に考えていることは地球の寒冷期があると思いますが、その寒冷期には地球を温暖化させて、温暖期には木を植えて対策するといったような地球自体の状態をコントロールできればより人々が生産性が高い状態を維持できるのではないかと考えました。今までの歴史を勉強すると寒冷期に人間は世界規模の戦争を引き起こしています。これは食糧が取れなくなるというのが一つの理由になってくると思いますが、そういうリスクのある状態を避けることが可能であるのならばコントロールをすべきだと主張します。これから寒冷期に向かうわけですから、森林を植える時期をきちんと考えるといいかなーと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です