高速道路上であおり運転の末に強制停車&パンチ

高速道路の中央車線で“強制”停車

茨城県の常磐自動車道を走行中、左側から割り込んできた白いドイツ製高級SUVに運転していたAさんが停められます。いったんやり過ごしたものの、またもや同じ車がハザードランプを点滅させて左側から割り込んで来ました。車が車線の中央付近で停まったため、車線を変えようとするも、前の車はその進路を妨害します。両脇に次々と車が走り抜け非常に危険な状況になっていました。

車からサングラスをかけた男がやってくる

その後、Aさんの車をパーキングエリアの入口付近に停まらせた白いSUVから携帯電話を手にした女性とサングラスをかけた男性が降りてきました。Aさんによると、男性は口を大きく空けて激昂していたようです。

いきなり握りこぶしでパンチ

言い合いをしている間、男性は怒りを顕にし、今度は運転席のAさんから携帯電話を奪おうとしたそうです。その拍子にAさんがブレーキから足を離し車が前進、男性の車と衝突したそうです。すると、男性は握りこぶしでパンチを炸裂させました。Aさんの眼鏡が吹き飛び、さらにAさんに対してパンチを繰り出します。パンチは合計5回に渡りました。Aさんは唇を切るなどの怪我をしました。その後、Aさんが運転席の窓を閉めたため、男は窓を叩いて捨て台詞を放って、車で走り去ったといいます。

一番重くて傷害罪 懲役15年以下

一連の映像を見た若狭勝弁護士は、「窓越しに運転手の人に対して、一方的にかつ何度も乱暴をしているということで、一番重いのは傷害罪です。懲役15年以下ということになります」とコメントしています。

煽られたきっかけについてAさんは「右側車線(追い越し車線)を走っていたが、後ろからものすごいスピードで車が突っ込んできて、車線を変更してよけようとしましたが、隣のレーンにも車がいたので避けられませんでした。それだけの理由で城妨害したと相手は思って、煽ることをしてきました」と当時の状況を振り返りました。

Aさんは被害届を出していて、茨城県警が操作を始めているそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です