Optimus RideがNY州初の自動運転によるシャトルバスサービス開始

自動運転技術開発Optimus Ride

自動運転技術開発を本格的にやっているMIT発スタートアップ「Optimus Ride」は自動運転によるシャトルバスサービスを開始したという記事が発表されました。Optimus Rideは2015年に独立したボストンのスタートアップ企業です。Optimus Rideは当初から2019年内にニューヨーク市のインダストリアルパークとカリフォルニア州フェアフィールドの集合住宅で自動運転車を展開する計画を明らかにしていました。2019年第2四半期に敷地内を巡回する自動運転型シャトルバスの運行を予定しており、その計画が実現されようとしています。

今回の計画では、ニューヨーク市ブルックリン海軍工廠(ネイビーヤード)内でシャトルバス6台を運行し、敷地内で働く人に移動の足を提供します。計画では一ヶ月で1万6000人の乗客の利用を見込んでいるそうです。

私道のみを走行予定

大都会ニューヨークで自動運転による商用サービスと聞くと、いぶかる人もいるかもしれません。実は今回のシャトルバスが運用されるのはネイビーヤード産業パークに限定されて、道路は全て私道になるそうです。別の言い方をすれば、公道は走らないので道路交通法などの規制を受けることなく、当局の許可を得る必要もありません。300エーカーもの敷地には商業施設も多数あります。そこには1万人が勤務しているそうで、利用者は人数分を想定されているようです。

ネイビーヤードは現在、建物のリノベーションを行うなど拡大プロジェクトを進めていて、その一環としてOptimus Rideが導入されました。当面はシャトルバス6台が敷地内を循環してサービスを提供します。ネイビーヤードは2021年末までに敷地内で勤務する人を倍増させるという目標を掲げていて、場合によっては運行台数が増えることもありそうです。

1日500人の利用を想定

シャトルバスは小型で定員は6人だそうです。差し当たっては1日あたり計500人の利用を想定しているようです。完全自動運転で運転は全て車に任せる形でありますが、万が一に備えて、当面はセーフティードライバーが乗り込んでいるということです。

今後の展望

2015年創業のOptimus Rideは着実に事業を拡大しつつあります。今回のニューヨーク州以外では、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ヴァージニア州で既にサービスを展開しているようです。いずれも、複合商業施設などのプライベート敷地に展開されているということです。最終的には私道から公道になってほしいという気もします。自動運転の課題はまだまだあるとは思いますが、徐々に手動から補助機能、補助機能から自動へと刻々と進化しています。このまま進んでいけば自動運転が普及する可能性が見えてきますね。日本は道路が狭いので導入にはさらなる課題がありそうですが・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です