グリーンランド氷床の融解が熱波の影響で加速中

欧州各地で最高気温更新!グリーンランドへも影響!

2019年7月25日の午後、フランス・パリで気温が42.6度を達成し、観測史上最高の気温を記録しました。この熱波は北上しているようで、今後はグリーンランドの氷床を急激に溶かし出していると報告されています。これは、気候科学者の「最悪の予想」を越えて気候変動が加速しているという証拠になるかもしれないということで、注視されています。

グリーンランドの気温が熱波の影響で高くなる

北極海と北大西洋の間にある世界最大の島・グリーンランドはおよそ220万平方キロメートルの面積を持ち、その8割以上は氷床と万年雪に覆われているという特徴を持っています。そのグリーンランドの氷床が過去350年の記録には前例が無いほどの勢いで溶けていることはこれまでにも指摘されてきました。この氷床の融解がヨーロッパを襲った熱波の影響を受けて加速していることがわかっているそうです。2019年の夏のグリーンランドの気温は例年に比べて10~15度も高く、2019年7月30日には場所によっては23度を越えるところもあったそうです。

「史上最悪の年」の再来か?

グリーンランドの氷の誘拐に関してはこれまで「史上最悪の年」といわれたのは2012年の7月でした。当時はグリーランド氷床の氷のうち97%がある種の融解を経験し、7月末までに2500億トンの氷床が溶けたと見られています。これは海面を0.8mm上昇させるに足る量だったということです。一方、2019年7月30日だけでも約70億トンの氷が誘拐しており、これは平均の1.75倍という量を指します。オリンピックサイズプール30億個に相当すると言われています。このままですと、8月の第一週中には海面レベルを0.1mm上昇させるに足る約500トンの氷が失われると見られています。概算では2012年に匹敵する「最悪な年」として記録されるレベルになると予想されています。

気象学者のイリーナ・オベリーム氏は巨大な滝のように融解した水が流れている様子を撮影しました。

通常の融解との違いはなにか?

グリーンランドの氷の一部は太陽の光を浴びることである程度溶けます。ただ、通常であれば、氷床が融解しても、その前後の積雪によってバランスが取れています。積もったばかりの新雪は輝き、太陽光を反射することで熱を吸収しにくくします。一方で、古い雪は凝固し、太陽光を吸収し、熱も吸収してしまうという特徴があります。今回の例でいうと、前の冬に降雪が少なく、圧倒的に新雪が足りない状況になりました。したがって、熱を吸収しやすい古い雪が多く前年よりもさらに氷が溶けやすい状況を作り出していたということになります。

実は、2019年6月に最初の熱波がグリーンランドを襲ったときに既に氷床の45%が融解しました。これによって熱に弱い氷がむき出しになって、7月末の2度目の熱波で大きな影響を与えられたと考察されています。

今後の動向

氷床コアの記録によると、過去1000年の間に今回のような融解イベントが起こったことは数回しか無いことがわかりました。もし、今後も気候変動が続くのであれば、このような融解イベントが発生する頻度が増加するのではないかと予想されています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です