Ryzen PRO搭載のThinkPad X395

X390のAMD版が登場

レノボ・ジャパンは6月4日にRyzen PROを搭載する13.3型の「ThinkPad X395」を発表しました。Ryzenの性能ごとに値段が異なります。

型番 20NL0001JP 20NL0002JP 20NL0003JP 20NL0004JP
プロセッサ Ryzen7 PRO 3700U Ryzen5 PRO 3500U Ryzen3 PRO 3300U
メモリ DDR4-2400 8GB
ストレージ SSD 256GB
OS Windows 10 Pro
ディスプレイ 1,366×768 1920×1080 1,366×768
グラフィック Radeon Vega 10 Graphics Radeon Vega 8 Graphics
ネットワーク IEEE 802.11ac

Bluetooth 5.0

バッテリー 6セルリチウムイオン
駆動時間 約12.4時間
サイズ 311.9×217.2×16.9mm
重量 約1.28kg
価格 \219,000 \214,000 \204,000 \179,000

AMDを使用しているからといって特別安いということではないようです。さらに、上位モデルがどうしてディスプレイがフルHDではないのかという疑問も生じて納得性にかけることは冒頭から苦言を呈しておきます。

Ryzen7 PRO 3700Uは4コア8スレッドで2.3―4GHzとハイスペックな仕様が上位モデルとして販売されています。グラフィックの方はその一つ下位モデルの方が優れていて、ディスプレイが非光沢IPS式でフルHDに対応しています。外部出力としてはHDMIとUSB Type-Cが備えられており、両方とも最大4,096×2,160ドットで出力することができます。

インターフェースとしてはUSB 3.1 Type-Cx2、USB 3.1×1(常時給電)、720p対応のWebカメラ、microSDカードスロット、指紋センサー、音声入出力が搭載されています。

値段としては上記のもので、価格帯としては高価なレベルになると思います。

本体の色はThinkPadらしいマットブラックで重量は実測で1,290gでX200から比較すると軽くなっていることはわかります。12.5型と14型のちょうど間に入りそうなサイズ感になっています。

真ん中のモデルに関しては13.3型のディスプレイは非光沢で長時間見ても目が疲れにくく、発色、コントラスト、視野角は良好です。ただし、最大輝度に関しては低いという状況になっています。

振動やノイズは問題ないですが、問題となるのが発熱性です。ベンチマークテストなど負荷をかけると右側が熱くなるようです。熱の度合いとしてはゲーミングPCレベルまで熱くなるようです。とはいえ、本製品は製品コンセプトとしてはゲーム用での想定というよりは、Webサイトの閲覧やOffice系のアプリの操作になるでしょうから、その場合には問題ないレベルになるようです。

サウンドスピーカーはPCの裏から発せられて、机などに音が反射するタイプです。音に関しては改善がはっきりわかる程度まで改良がなされているようです。

テストによってはIntel UHD Graphicsより数倍速いGPU性能

OSは64bit版のWindows 10 Proを採用しています。ハイパワーなデスクトップを持っている人に取っては下位モデルでも十分に対応することが可能だと思います。ただし、複数台持つことを想定していない場合には、Ryzen7 PRO 3700UかRyzen5 PRO 3500Uクラスの仕様が求められます。

Core i5-8285Uを搭載しているT490との比較をすると、X395の方がSSD速度が劣っているとはいうものの、ほぼ互角なスコアを確立していることがわかります。

 

ThinkPad X395

ThinkPad T490s

PCMark 10 v2.0.2115 PCMark 10 v1.1.1761
PCMark 10 Score 3,681 3,747
Essentials 7,010 7,704
App Start-up Score 6,903 10,290
Video Conferencing Score 7,291 6,308
Web Browsing Score 6,847 7,046
Productivity 5,829 6,034
Spreadsheets Score 7,702 6,909
Writing Score 4,412 5,271
Digital Content Creation 3,315 3,073
Photo Editing Score 4,944 3,774
Rendering and Visualization Score 2,698 1,982
Video Editting Score 2,732 3,883
PCMark 8 v2.8.704 PCMark 8 v2.8.704
Home Accelarated 3.0 3,387 3,393
Creative Accelarated 3.0 3,429 3,569
Work Accelarated 2.0 4,315 4,678
Storage 4,959 5,058
3DMark v2.9.6631 3DMark v2.8.6546
Time Spy 809 453
Fire Strike Ultra 533 287
Fire Strike Extreme 1,043 526
Fire Strike 2,261 1,142
Sky Diver 7,912 4,778
Cloud Gate 9,534 9,296
Ice Storm Extreme 47,457 46,891
Ice Storm 51,271 69,269
CINEBENCH R15
OpenGL 42.13 fps 53.23 fps
CPU 646 cb 541 cb
CPU(Single Core) 139 cb 152 cb
CrystalDiskMark 6.0.0
Q32T1 シーケンシャルリード 535.933 MB/s 3017.741 MB/s
Q32T1 シーケンシャルライト 499.350 MB/s 502.114 MB/s
4K Q8T8 ランダムリード 292.168 MB/s 769.038 MB/s
4K Q8T8 ランダムライト 267.267 MB/s 479.465 MB/s
4K Q32T1 ランダムリード 254.138 MB/s 322.022 MB/s
4K Q32T1 ランダムライト 230.629 MB/s 227.872 MB/s
4K Q1T1 ランダムリード 34.008 MB/s 58.108 MB/s
4K Q1T1 ランダムライト 96.566 MB/s 119.640 MB/s
BBench(ディスプレイの明るさ0%、電源モード:バッテリー節約機能)
バッテリ残量5%まで 11時間50分51秒 15時間42分23秒

バッテリー駆動時間は、キーボードバックライトオフ、ディスプレイの明るさ0%、電源モードはバッテリー節約機能で残り5%まで11時間50分となりました。13.3型のPCにしては決して悪くないベンチマークとなります。

トータル評価

発熱や価格が気になるものの、サイズ感と性能は丁度いいところを狙っているのではないかと思います。そしてAMDファンやThinkPadファンにはとても興味ある一品になっているのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です