森ゆうこ議員、地元消防団員に嫌われてしまう・・

  森ゆうこ議員の被災地視察に、消防団員「はっきり言って迷惑な行為です」

2019/09/15

 

森ゆうこ議員が被災地を視察も・・

森ゆうこ議員って誰?

日本の政治家で、国民民主党所属の参議院議員民主党政権時代では野田内閣に入党しており、文部科学大臣となっていました。また、国民の生活が第一のときには幹事長代行、日本未来の党副代表、生活の党代表、自由党幹事長兼参議院会長などを歴任した政治家です。参議院議員としては2001年7月29日から2013年7月28日、2016年7月26日から現在に至るまで在任しております。2019年4月26日に所属する自由党が国民民主党に合流したことに伴い、国民民主党所属となった。

ネットでの評判を聴いてみた

・現場は現場に任せたらいい!手ぶらで口しか出さないのなら、せめて復旧作業の邪魔をするな!

・目立つパフォーマンス第一。せめて支援物資の仕分け作業を手伝えばいい。

・頼む!お願いだから帰ってくれ。お前が来ただけで何人もの町職員が動けなくなる。邪魔以外の何でもない。役場行くなら「現場」いって、汗かいて水運べ。

・邪魔しに行っただけ・・相変わらず残念な人だ。

被災地視察も地元消防団から不評!!

あっきー@wB1HqwmdINOHH3x

私は消防団員です。平常時の消防団の幹部の巡視があるときでさえ、巡視がある時間の相当前から準備します。人数も確保して迎えないといけません。だから被災地でははっきり言って迷惑な行為です。

↑実際に情報をTwitterで投稿した方の文章抜き取りです。

被災地視察によって少なくとも消防団の方に迷惑をかけていることがわかります。被災地視察というのは政治家として重要な意味を持つと一般的には言われますが、視察によって復旧時期が遅延しては意味がありません。本当に被災者に対して向き合うという姿勢を示すのであれば違った形がいいかもしれない。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です