小松基地航空祭2019最終日!!

小松基地航空祭 2019開催中!
 
小松基地航空祭2019 石川県航空自衛隊小松基地で開催
小松基地について

小松基地は1961年に解説された日本海唯一の戦闘機部隊が所属する基地であり、我が国の空の守りを固めるため、日夜訓練に励んでいます。当基地と日本海を隔てた諸外国との市は近く、航空機では約1時間の距離にあります。この状況からも当基地の果たす役割の大きさが理解できることと思います。当基地は対領空侵犯措置の任務が与えられています。

ネットの反応

「F-16デモフライト ここまで近くて低くて早いとは・・」

「早くて追えないよ~~」

「くるりん 恐ろしい背面突っ込み!!」

「はじめて戦車砲の発砲を見た!!」

「アグレッサー機動飛行マジ最高!!」

飛行展示あり

飛行展示は、6機編隊でブルーインパルスが参加する見込みです。ブルーインパルスは2018年、2016年、2015年の航空祭にも参加しています。このほかF-16の機動飛行が予定されており、アメリカ空軍の太平洋デモチームが参加します。飛行教導群のF-15機動飛行、U-125A、UH-60Jの救難展示などの飛行展示も披露されます。

当日は、入場時に持ち物検査が実施されます。脚立と踏み台、酒類、危険物やドローンなどの持ち込みは禁止されています。基地内には駐車場や駐輪場が設けられておらず、公共交通機関の利用が促されています。小松基地には退役したF-86「14-8217」、「52-7408」のほか、F-104J「46-8646」、T-33「81-5379」、T-34「61-0402」などが保存展示されており、例年の基地開放ではこうした機体も併せて見学することが可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です