『新サクラ大戦』のテレビアニメ化が決定、2020年に放送へ。

新サクラ大戦のテレビアニメ化決定
 
2020年放送へ 制作はサンジゲンが担当
ストーリー

降魔大戦によって帝国華撃団、巴里華撃団、紐育華撃団が消滅し10年の月日が流れた太正二十九年を舞台とし、神山誠十郎率いる新生「帝国華撃団・花組」の活躍を描く。

太正十九年、帝都・東京では「降魔大戦」と呼ばれる戦いが勃発。この戦いに参加した帝都、巴里、紐育の華撃団は、自分たちの消滅と引き換えに世界を救う。

ネットの反応

「新サクラ大戦発売まで、過去のサクラ大戦シリーズをおさらいします。」

「TGSの配信見ましたけど、今までスリープ状態だったファンでしたが、『夢の続き』を見たくなってきましたよ。」

「新サクラ大戦のOPムービーなかなか悪くないじゃないか!」

「迷わず予約した」

14年ぶりに復活!!

アニメーション制作はサンジゲンが担当しており、ゲームのオープニング映像、アニメムービーパートも手掛けている。監督は『ソードアート・オンライン アリシゼーション』、『境界線上のホライゾン』の小野学氏が担当し、シリーズ構成はこの小野学氏と、『ハイスコアガール』などの浦畑達彦氏が共同で担当する。

 「帝国華撃団・花組」の隊員である天宮さくらを中心にした『新サクラ大戦』の新たな物語が描かれる。また作詞・広井王子氏 作曲・田中公平氏の両氏が手掛けたゲームの主題歌「檄!帝国華撃団<新章>」は、アニメのオープニング楽曲としても使われるとのこと。

 さらにメインキャラクターデザインには、大人気漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人先生が手掛けている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です