牛乳を一滴も使わないアイスクリームが登場

概要

アイスクリームは一般的には牛乳と卵と生クリームを混ぜてつくりますが、米国で牛乳由来の乳製品を全く使わないアイスクリームが発売されました。シリコンバレーの新興企業Perfect Day社がこの乳製品を使っていないアイスクリームを開発しました。彼らは牛乳の代わりに遺伝子組換え酵母から生成した乳タンパク質を使用してつくりあげたと言っています。乳製品の代わりに豆乳やカシューミルク、ココナッツミルクといった植物由来の原料を使用した代替アイスは既に市場に出回っていますが、残念ながら乳製品独特のトロリとしたなめらかな口当たりは本物のアイスクリームには及びませんでした。

開発者はヴィーガン

Perfect Day共同創設者のガンジー氏とバンジャ氏はともにヴィーガンです。彼らは米国農務省から取り寄せたバターカップと呼ばれる酵母株にバイオ3Dプリンターで牛のDNA配列を組み入れて新たな酵母をつくりました。この酵母で砂糖を発行させることによって本物の乳タンパク質(カゼインとホエイ)を得ることに成功しました。このタンパク質は乳製品由来のタンパク質と同じ栄養素と同じ味を持っていて、植物性脂肪や砂糖と組み合わせることで本物と区別がつかないアイスクリームを作ることが可能になったそうです。この製法で作られた乳タンパク質は人工的に作られているので、わざわざ牛を育てる必要がありません。牛を育てるのに必要な大量な水、エネルギーがいらず、メタンガスを発生させるということもないので、地球環境には優しい製法であると言えると思います。

大量生産ではないためかなり高額なアイス

先日米国で発表された初回限定出荷分は1パイントのカップが3種類セット(塩バニラ、ブラックベリー、チョコレート)で約6500円になります。1パイントはだいたい日本で普通に売られている1カップアイスの2倍くらいの大きさのものです。3種セットで6500円になりますから、かなり高級なアイスクリームになっていることがわかります。同社は今後、この乳タンパク質を愛す以外にも採用してくれるパートナー企業を探していくと主張しています。

これはヴィーガンの方からするとOKなのかどうかというのは微妙なところなのではないかと思います。ヴィーガンというのは「絶対菜食主義者」なわけですから、動物のDNAを取り入れることについては批判的であってもおかしくないと私は考えてしまいますが、いかがでしょうか。牛のDNA配列を組み入れて酵母を作り出しているわけですから牛のDNAを接種したのと一緒ですよね。牛から乳製品を奪うことが受け入れられないのか、もしくは製造方法で牛から直接頂戴していなければいいという考え方になるのか、ヴィーガンの方はどう考えているのでしょうか。少なくともヴィーガンの開発者はこれを食べていると思うので彼らはどういう感想を持っているのか?というのは知りたいですね。さらに、ウールや毛皮も使わないというのが彼らの考え方です。DNA摂取というのはちょっと受け入れられないのではないかと個人的には思いますよ。

ちなみにベジタリアンは卵・牛乳・チーズに関しては食べることを認めているということです。ベジタリアンとしては嬉しい記事なのではないかと思いますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です