プレイステーション5が正式に発表

プレステ5が正式に発表へ
 
2020年末商戦期に発売へ
“ ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下,SIE)は本日(2019年10月8日),同社の次世代ゲーム機の名称が「プレイステーション 5」(以下,PS5)になることを発表した。PS5は,2020年の年末商戦期に発売する予定とのこと。

S5は,超高速のアクセスが可能なカスタムSSDを搭載し,ゲームのロード時間は格段に早くなるそうだ。ゲームにおいては最大で8K解像度の出力に対応し,PlayStation 4タイトルとの互換性も予定されているとのこと。PlayStation VRも利用できるそうだ。

 また物理メディアも引き続き採用される。PS5で使用される規格はUltra HD Blu-rayで,ゲームディスクとしての容量は最大100GBになるという。

 コントローラには,従来の振動技術に代わり「ハプティック技術」が搭載される。L2とR2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーが採用され,ゲームプレイにおける圧倒的な没入感を演出するとのこと。

 一方,PS5の性能を左右するCPUおよびGPUについて,新しい情報は少ない。AMDの「Zen 2」アーキテクチャによる8コアCPUと,同じくAMDの「Radeon DNA」アーキテクチャGPUを組み合わせたカスタムチップ――AMD風に呼べばAPU――を採用することは,PS5が最初にアナウンスされたときの情報と変わらない。”

■ハードウェア概要

◯コンソールゲーム機本体

超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載

AMD製カスタムチップ搭載

CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2″,8コア16スレッド

GPU:AMD Radeon RDNA (Radeon DNA)ベースグラフィックスエンジン(レイトレーシングアクセラレーション対応)

3Dオーディオ処理専用ユニット

ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応

PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計

PlayStation VR対応

◯コントローラー

ハプティック技術搭載

L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

◯物理メディア

Ultra HD Blu-ray

ゲームディスクとしての容量は100GBに

ネットの反応

「PS5自体に物理シミュレーションの実装(特に接触、反発、空気と水の年度、重力)年代ごとの建物、地形、海底、夜空を含む地球を開発環境に実装、光のシミュレーションの実装。5発売時を見込んだ高性能チップと冷却性能(電気代は変わらない)は最低限入れて欲しい。」

「プレステ5でるの~?vitaと3DSに続いてプレステ4まで型落ちになってしまう。買い換えないと」

「この前、プレステ4を買ったばかりですが・・」

「プレイステーションはそろそろ1~4の全互換性機能をつけてほしいけど、まあ無理でしょうね。」

「プレイステーションのCPUにRyzenが積まれてるのがちょい気になったけど、買うつもりはない」

「プレイステーション5にNintendo Switchをドッキングさせたい」

「プレステ5はどこまでいくんだろう。ゲームならPcじゃなくて、ゲーム専用機でしょ」って日が来るかなぁ。」

「プレステ5欲しいぃィィ」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です