首都圏 広い範囲で約5万7000戸が停電(午後6時)

台風19号の影響で、東京電力管内の首都圏や静岡県では広い範囲で停電が発生しています。東京電力が非常態勢をしいて復旧作業を進めています。

午後6時の時点で首都圏では合わせておよそ5万7000戸で停電しています。

先月の台風15号で大規模な停電が長期化した千葉県では南房総市、富里市、鴨川市、大網白里市などで合わせて2万7000戸が停電しています。

また、静岡県では下田市、三島市、南伊豆町、河津町などで合わせて1万6000戸が停電しています。

このほか、茨城県では4000戸、神奈川県では3600戸、群馬県では1800戸、埼玉県では1500戸、東京都では1200戸、栃木県では800戸、山梨県では600戸となっています。

今後、さらに風が強まると電線が切れたり、電柱が倒れたりするなどの被害が出ることが予想され、停電の戸数が増えるおそれがあるということです。

東京電力は、先月の台風15号による停電が長期化したことを踏まえ、非常態勢をしいて警戒にあたっています。

前回を大幅に上回るおよそ1万7300人が東京・千代田区の本社のほか、千葉県や神奈川県などの支社に待機し、状況の把握や復旧にあたっています。

また、経済産業省によりますと、停電が拡大することに備えて、東京電力が所有するおよそ160台の電源車に加えてほかの電力会社からも電源車を手配していて、最大で360台配備する計画です。

一方、経済産業省は省内の災害対策室で100人規模の態勢で情報収集にあたっています。

さらに、自治体に最大で300人の職員を派遣する準備をしていて、情報収集や電力会社と自治体の調整を行うことにしています。

台風では、強風によって電線が切れて垂れ下がったり、電線に木や看板などが接触したりすることがありますが、東京電力は感電のおそれがあるため、近づいたり触ったりしないよう呼びかけています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です