【乱暴未遂事件】茨城県護国神社宮司を逮捕

茨城県護国神社宮司を逮捕 乱暴未遂
“産経新聞の記事より”

 水戸署は9日、20代の女性に乱暴しようとしたとして、強制性交等未遂の疑いで水戸市元吉田町の茨城県護国神社宮司、佐藤昭典容疑者(75)を逮捕した。調べに対し、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は7日午後、自宅で茨城県内に住む知り合いの女性を乱暴目的で押し倒し、馬乗りになるなどの暴行を加えた疑い。女性の抵抗にあい、未遂に終わった。女性が8日に水戸署を訪れ、被害を届け出た。県護国神社によれば、佐藤容疑者は宮司を約15年務めているという。

【茨城県護国神社】

所在地:茨城県水戸市見川1丁目2-1

主祭神:戦没者

社格:内務大臣指定護国神社

創建:明治11年(1878年)

明治維新前後に殉じた水戸藩士約1800柱を祀るために常磐神社の境内の現在の東湖神社の場所に建てられた鎮霊社を起源とする。

敗戦後、護国神社は軍国主義施設とみなされて、存続を図るために改称を余儀なくされた。1945年8月に地名より桜山神社となったが、主権回復後の1954年10月に社名を元に戻した。

 
ネットの反応

「数年前ちょっと頭が残念なイベントやってた処の人か…。」

「茨城県護国神社なんて水戸にあったっけ?って地図見たら玉龍泉近くのあそこか。遠くから見たことはある。」

「クソ宮司!」

「水戸の護国神社の宮司…なにやってんだよ😠

また茨城悪く言われんじゃん、、」

「( ゚Д゚) 変態宮司が知人の20代女性に馬乗り?」

「英霊に取り憑かれたのかな?

おお、天におわします神よ、東洋の罪深き邪教徒に裁きの炎を下し給え。

被害女性の心安らかなることを陰ながら願う。」

「元気な75歳‼️」

「護国神社を汚す破廉恥野郎

不敬の神罰を受けろ」

「前から評判悪かったし。

いつか何かやらかすと思ってた。」

「神に使える宮司がなにやっとんじゃ!」

「神も仏もないんだね。最近聖職者の不祥事多すぎる。」

「75年間汚れた魂で、神明を謀った罪は重い!直ちに黄泉の国に流されてスサノオにいたぶられよ!」

「こんなクズにお祓いを受けていた参拝者が不憫でならない。」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です