チキンの部位を自由に選べるって最高かよ! KFCをブッフェスタイルで楽しめるレストラン

KFCをビュッフェスタイルで楽しめる!
“livedoorニュース記事より”

ケンタッキーフライドチキン(KFC)通の皆さんであれば、ドラム派、リブ派など、誰しも「オリジナルチキン」の推し部位があることでしょう。基本的には部位指定が不可となっているKFCなのですが、このたびKFCファンの夢を叶えてくれる聖地が関東エリアにオープンします。

田園都市線・南町田グランベリーパーク駅直結の大型商業施設「グランベリーパーク」(11月13日開業)内にオープンするKFC Restaurantは、KFCの定番メニューや限定メニューなど、約50種類の料理とデザートをブッフェスタイルで楽しめるレストラン。

現在は、ららぽーとEXPOCITY店(大阪府吹田市)、ららぽーと名古屋みなとアクル店(愛知県名古屋市)が同様の業態をとっており、南町田グランベリーパーク店が関東エリアで唯一のブッフェスタイルKFCとなります。

食いしん坊バンザイのこのレストランにおいて、注目は何と言ってもKFCのオリジナルチキンがガチャ要素ナシで食べ放題だということ。

そもそもKFCでは、チキンの部位を(ヘルシーな順に)脂身が少なく淡泊な味わいのキール(むね)、骨のまわりの旨味が詰まったリブ(あばら)、引き締まった肉質でコラーゲンもたっぷりのウイング(手羽)、程よい脂身と弾力ある肉感のドラム(脚)、肉厚で脂もたっぷりジューシーなサイ(腰)の5種のパーツに分類して提供しています。

普段であれば好みの部位が当たるのを願うしかないのですが、KFC Restaurantでは自由にセレクトして自分だけのチキンパックを作ることが可能。5種類並べて食べ比べだってできちゃいます。

期間限定でチキンやサイドメニューの食べ放題を実施していたこともあるKFCですが、KFC Restaurantではノーマルの店舗では味わえない洋食グルメも充実。

オリジナルチキンだけでお腹いっぱいになるのはもったいない。けど、せっかくなら5種類の部位をコンプリートしたい、というジレンマと格闘すること必至です。

【KFC】

本社所在地:ケンタッキー州ルイビル

設立:1952年

業種:飲食業

事業内容:レストラン経営、鶏肉料理及び関連料理の販売

 
ネットの反応

「想像するだけで胸焼けがするw

よほどの物好きでないとたくさん食べれない」

「大食いの俺でもケンチキは1時間で50ピースしか食えない」

「たくさん食べたいとは思わない」

「おいしくても食べ放題で食うもんじゃないよ」

「足か皮しかいらない」

「2Pも食えば十分だろ」

「体に悪そうなものばっかりだな」

「通はリブとサイ」

「コールスローもあれば必ず行くわ」

「焼き鳥が良いなぁ」

「エリート糖尿病患者養成所」

「揚げ鳥だけじゃなくて、蒸し鶏とか食べたい」

「わざわざ行かない」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です